關於部落格
網誌重新開張囉~回家的感覺真好^^

  • 396407

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    9

    追蹤人氣

<新聞>睽違五年 堂本光一主演日劇

堂本光一お笑い満載ドラマ主演  KinKi Kidsの堂本光一(28)の主演舞台「Endless SHOCK」が28日、東京・帝国劇場で千秋楽を迎えた。肉体の限界に挑戦した2カ月81公演を完走し、00年の初演以来の通算公演数は499回になった。またこの日、5年ぶりの連続ドラマ主演を発表。ドラマの世界でも暴れ回る。  超人的なステージを終えたばかりの光一の視線は、早くも夏に向いていた。02年10月期の日本テレビ「リモート」以来、約5年ぶりとなる連ドラは、テレビ朝日で7月にスタートするオリジナル作品(タイトル未定)。エンターテインメント性の高い金曜午後11時15分からの枠で、現在は「特命係長・只野仁」が放送中の大人向けの時間帯だ。  拳の握り方の神髄を知るため、全国行脚して寿司の修業をする空手家・米寿司(まいず・つかさ)役。父を海で亡くし、魚の目を見ると暴れてしまう「ウオノメ症候群」との設定。笑い満載で、光一は「今までの自分とは違う役」と“変身”を予告した。アクションもふんだんに盛り込む。  「リモート」以降、単発ドラマはあったものの、舞台や音楽活動に重点を置き、連ドラからは遠ざかっていた。今年7月はKinKiにとってCDデビュー10周年の節目。「映像もやる」とのファンとの“公約”をタイムリーに実現させる。  この日のSHOCK千秋楽ではスタンディングオベーションがやまず、カーテンコールは約30分間。共演者から2度も胴上げされ「100回やってもいいかも」と満足の笑みを浮かべた。激しいダンスや殺陣を駆使し、消耗の激しい舞台。00年以来、2カ月76公演のペースを維持してきたが、今年は限界に挑んだ。公演回数は499回に達し、大台まであと1歩。「やらせていただけるなら続けられるだけやりたい」と“終わらないSHOCK”を宣言した。 資料來源http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2007/03/01/06.html 堂本光一、5年ぶり連続ドラマ主演  堂本光一(28)が5年ぶりに連続ドラマに主演することが28日、分かった。この日、東京・帝国劇場で千秋楽を迎えた主演ミュージカル「SHOCK!」の終演後に発表された。  テレビ朝日の金曜ナイトドラマ枠(金曜午後11時15分)で放送され、7月スタート(タイトル未定)。空手家でありながら、全国各地ですし修業に励む主人公を演じる。同ドラマ枠で放送された人気ドラマ「トリック」を手掛けた堤幸彦監督が演出を担当する。  堂本は「今までの自分とはまったく違う雰囲気の役柄。楽しみです」。2カ月で81公演の過密日程公演を終えたばかり。「頭を切り換えてドラマに取り組みたい」と話した。 [2007年3月1日6時37分] 資料來源http://www.nikkansports.com/entertainment/f-et-tp0-20070301-163439.html 光一5年ぶり連ドラ…総動員92万人舞台フィナーレで発表  KinKi Kidsの堂本光一(28)の主演舞台「Endless SHOCK」が2月28日、東京・丸の内の帝国劇場で千秋楽を迎え、光一が7月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ(タイトル未定、金曜後11・15)で主演することが発表された。  平成14年10月クールの日本テレビ系「リモート」以来、5年ぶりの連ドラ主演となる。今回は拳の握り方の神髄を知るため、全国各地ですし修行に励む空手家のすし職人役に挑戦。アクションシーンも話題となりそうだ。終演後に会見を開いた光一は「いままでの自分とは全然違う感じの役柄。撮影的にもいろんな所に行ったり、楽しみです」と抱負を述べた。  一方、舞台公演は平成12年の初演以来、全公演満席を続ける超人気シリーズ。この日で総上演回数499回となり、総動員数は92万人を突破した。カーテンコールでは客席がスタンディングオベーションで熱演をたたえた。熱い拍手に応えて計4回あいさつに立ち、キャストから胴上げされた光一は「僕自身『Endless SHOCK』を続けられるだけやりたい」と改めて“エンドレス”を宣言した。 資料來源http://www.sanspo.com/geino/top/gt200703/gt2007030103.html 5年ぶり連ドラ主演 光一 寿司職人  KinKi Kidsの堂本光一(27)が、5年ぶりに連続ドラマに主演することが28日、分かった。この日、光一が主演するミュージカル「Endless SHOCK」(作・構成・演出ジャニー喜多川)が、東京・丸の内の帝国劇場で千秋楽を迎え、終演後の会見で光一が明らかにした。  光一が主演するのは、7月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ(金曜午後11時15分)。タイトルは未定だが、天才寿司ボーイと呼ばれる寿司職人の青年・米寿司(まいず・つかさ)役を演じる。海で父親を亡くしたショックから、寿司を捨て、自然流琉球空手の世界へ足を踏み入れるが、こぶしの握り方の神髄を知るために、再び寿司の世界に戻り、全国各地で寿司修業に励む。  演出は、ドラマ版「世界の中心で、愛をさけぶ」や「トリック」シリーズなど、数々のヒット作を手がけた堤幸彦氏(51)。美食、アクション、恋、笑いなど、さまざまな要素を含んだ作品を、どう“料理”するかが期待される。  深田恭子(24)と共演した日本テレビ系「リモート」(02年)以来、5年ぶりとなる連続ドラマ主演に、光一は「堤監督とは以前、何度か仕事をさせてもらいました。台本がまだできあがっていませんが、撮影ではいろんな各地を回ったり、今までの自分とは違う感じの役柄なので、今からすごく楽しみです」と声を弾ませた。 ■森光子も駆けつけた!  「Endless SHOCK」は、2000年11月に「MILLENNIUM SHOCK」として初演され、進化を遂げながら7年目を迎えた恒例舞台。この日の千秋楽で、95年の歴史を持つ帝国劇場で、単独主演作としては最速のペースとなる通算13カ月で499公演を達成した。  今年は、1月6日から過去最多の81公演。この日は、1日2公演の日は必ず楽屋に弁当を差し入れてくれたという女優の森光子(86)も祝福に駆けつけた。  終演後は、拍手が鳴りやまず、カーテンコールは5回も。来年の再演については未定だが、光一は「僕自身としては、タイトルのように“エンドレス”になってくれれば」と客席に力強く訴えかけ、ファンを喜ばせた。  最後は、生田斗真(22)ら共演者が、光一を胴上げ。その後、会場のファンとともに、光一が作曲した同舞台のテーマソング「CONTINUE」を大合唱した。 資料來源http://tochu.tokyo-np.co.jp/00/tkhou/20070301/ftu_____tkhou___001.shtml
相簿設定
標籤設定
相簿狀態